宣伝口コミ

新着ウェブサイトの口コミレビュー

被リンク

SEO対策として賛否両論の上位表示手法として「被リンク」の獲得がある。

2011年のPANDAUPDATE(グーグルさん参照)以降、外部SEO形式の検索エンジン最適化は終わったなどと喧伝されていますが、

いわゆる、どうでもいいようなインスタントホームページにリンク購入希望者のURLを並べるという安易な上位表示対策の業者が増殖していたのが「無効になった」という事に過ぎません。

グーグルの言語解析機能が進化して、リンクされたサイトの内容と、発リンク元であるページの内容が関連性のあるものか、そうではなく機械的にテキストデータを並べた「ワードサラダ」であるのかをかなり高精度に分別できるようになったと考えるべきです。

グーグルが公式に「ユーザーにとって意味のある情報を上位表示する」と宣言していますが、「意味があるかどうか」と知る手掛かりとして、グーグルのアルゴリズムが「意味をある程度理解できるようになる」というベクトルが見えてくると思います。

有益な情報にはバックリンクがある というルールに、その被リンクは関連性のある内容を扱ったページからのリンクであることが評価基準に追加されるという事です。

ようするに、自然なリンクがどう構築されていくかを考えて行けば、パンダアップデート以降2012年の新しいSEO対策を理解するヒントがあると考えています。

p.s. 2013年5月23日に新しいアルゴリズムが追加されたようです。SEO対策のブログなどがこぞって「大変動」と書いています。

Comments are currently closed.