宣伝口コミ

新着ウェブサイトの口コミレビュー

外部リンクの効果は依然強い

2012年のGoogleの「不自然なリンクへの対策」が発表されてから、「被リンクは終わる、SEOは死んだ。」と言われ続けて1年以上が経過しましたが、依然として外部リンクによって上位表示を実現しているサイトは多いです。

昨年の時点で検索エンジンから姿を消したSEO業者は、次々と内部SEO(ウェブ制作)へ事業転換し、「これからはホワイトハットSEOの時代!リンクは不要!」と喧伝しました。

しかし、依然として終わらない事に焦って、ホワイトハットとブラックハットの中間のグレーハットSEOなる、「わけのわからに方向」に行って自滅してしまった業者も出ています。

基本的に生き残っている被リンク対策を中心とした業者は、独自のSEO研究を行っているサービスばかりですので、「儲かるから」という理由で営業をしていたサービスが、技術の進化について行け無かったと考えることができると思います。

内部SEOに詳しいコンサルタントに、コーディングの最適化はホワイトハットなのか?という質問をしたことがありますが、

「そのコーティング最適化が、ユーザービリティー向上の為ならホワイト、検索エンジンにフォーカスしたキーワードを認識させるためならブラック、そもそもブラックSEOという言葉は、内部リンクに不必要なキーワードアンカーを使用したり、キーワード配置を工夫したりするスパム行為を指していた。」

という驚くべきお話を聞きました。

つまり、今あるホワイトハットSEOと称するサービスのほとんどは、本来googleが言うウェブマスターガイドライン違反なのだそうです。

, , ,

Comments are currently closed.