宣伝口コミ

新着ウェブサイトの口コミレビュー

働く女性とベビーシッター

近年、女性が結婚・出産しても働く人が多い日本の社会では、ベビーシッターがもっと必要であり、重要な役割を担っていると思います。

保育士不足などの問題から、待機児童問題が騒がれていますが、出産後、働きたくても子どもを保育園に入れることができずに、あきらめる人も多いと聞きます。

実際、私の親戚でも、家計が苦しいので働こうと思っても、保育園に子どもを入れることができずにあきらめた人がいます。

また、今では核家族がほとんどで、自分の親や義両親を簡単に頼ることができない環境であることが多いと思います。

しかし、今の日本では、ベビーシッターの存在は知られていても、あまり利用している人は多くないように思います。

働きたい女性のために、もっと普及して利用者が増えるように国は何か対策を講じてほしいです。

子どもを預けるとなると、保育園と思いがちですが、ベビーシッターという選択肢も保育園と並んで選択できるような社会になっていけば、働きたくても働くことができない女性を減らせるのではないでしょうか。

保育園には保育園のメリットがありますが、どうしても複数人に対して保育者が1人ですが、シッターさんなら1対1の関わりをもつことができます。な

ので、手厚く子どもを見てもらうことができ、また相談などもしやすいと思います。

Comments are currently closed.