宣伝口コミ

新着ウェブサイトの口コミレビュー

オーディオセッティング

先週オーディオ仲間の友人がマランツのプリアンプをオーディオ買取り
のお店に買い取ってもらい、新しいアンプとスピーカーを購入したので、ああでもないこうでもないと休日に一晩中セッティングをしていました。

オーディオの「音の良さ」にはいくつかの条件があり、その一つ一つを充実させる事で高音質のオーディオシステムが出来上がります。

この条件とはソースの音質(レコード、CD、ipodなど)、増幅器の性能(プリメインアンプ)、スピーカーの性能とセッティングです。現在ではソースは殆どデジタル化し、個人でこれらの性能を上げる事は難しく、逆に言うと低価格のプレーヤーでも高価格の物でもそれ程音質に差が無くなっています。

次に増幅器ですがこちらもある程度の出力と性能があれば廉価品のアンプでも十分ソースの音質を壊す事無く増幅してくれます。

実際に聴いた時に大きく音に影響してくるのが、スピーカーの性能とセッティングです。
まず知っておきたいのは「ステレオ」というものの仕組みです。

ステレオとは録音する際に二本のマイクを使って録音します。ですからそれを再生する場合も二本のスピーカーが必要となり、またこの「二本」がベストな数なのです。

サラウンドに代表される複数のスピーカーシステムは言わば「ドーピング」であり、ユニークな臨場感は味わえますが、あくまで音を「添加」したものなのです。

完璧に近いスピーカーセッティングをされた二本のスピーカーの臨場感に比べるとやはり「嘘くささ」があります。

スピーカーの配置を決める場合、推測しながらそのソースを録音したマイクの位置を探し、間隔と高さを決めます。必ずどこかに「当たり」のポイントが見つかるのです。

Comments are currently closed.